手をつなごう!(乳がん体験記)

家族を愛する気持ち。

精進料理


みなさん、こんばんは~!


先日のピアノの発表会のリハーサルが

一段落した後で、地下にあるレストランで

フミさん(今日もお休みの夫) と同じこの

「秋の松茸ご膳」 という定食を

お昼ご飯に頂きました^^


このボリュームで1,000円ジャストはお得ですよねぇ

とっても美味しかったです


この時フミさんが、


「アン君を偲ぶ会食だね。」  ってボソッと呟いたんです。

いつでもアン君の事が頭から離れないのは

まっちゃんだけではないんだ、と思いました。


そんなフミさんが昨日ね、またカメラ専門店に行って

アン君の気に入った写真を大きさを変えて

プリントアウトしてもらい、


フミさん手作り


この様に手作りの遺影を作ってくれました(^^)


東京のママにもお願いされたので

小さいサイズのアン君の写真を

同時にプリントしてもらって今日送りました^^


この遺影を作って飾ると

フミさんが何やらずっとアン君の傍にいりんですよね。


そして、あの高級なりんを何度も


「ちーーーん! ちーーーん! ちーーーん!(繰り返し)」


まっちゃんは何度も鳴る音が

不思議に思ったのでフミさんに聞いたんですよね。


「ねぇ、そんなに鳴らして。アン君が落ち着いて

ねんね出来ないじゃんかぁ(--;) どうしたの?」



すると、フミさんはこう言いました。


「アン君に、『ここだよぉ!ここに戻って来るんだよぉ!』って

教えてるんだよ



思わず泣きました。



アン君に点滴をする時の手の感覚が残っていて

寂しくて仕方ないようなんです。



ピアノの発表会が終わって、


shimaさん のご配慮でご親戚の方や

参加された皆さんと一緒に定食を頂いたレストランで

お茶を頂いて、色んなお話をさせて頂いた時に

ワンコだけでなく、インコちゃんを可愛がっていらした方が

やはりお別れをされた体験があって、


「ペットロス」について、お話していたんです。


その時、口下手なフミさんが


「アン君は、『再婚しないで!』って言ってるよ。」 って


またまたボソッと呟いたんですね(^^;)


その言葉を聞いていらした皆さんが

笑って下さってとっても和めたんです^^


アン君のことを、まっちゃんの「旦那さん」だと

捉えているということかなぁ((ノェ`*)っ))タシタシ


フミさんのライバル的な存在でもあったのかなぁ?


でも、それ以上にアン君のことを

愛してくれてるんだなぁって

日々、フミさんから感じ取ることが出来ています


レストランで、皆さんから色んなご体験を

伺うことが出来て、寄り添って頂けて、フミさんも

まっちゃんも、笑顔になれたんです^^




まっちゃんが乳がんの告知を受けて

そのショックから這い上がる時に先ず思ったのは



「アン君を残しては死ねない!」


この一念が、苦しい抗がん剤治療を乗り越える

原動力の大きな一つとなりました。


それと同じ様に、脳梗塞を発症したフミさんも


「アン君がいるからリハビリ頑張ろう!」とか

「点滴治療、痛いけど我慢だ!」
 とか

踏ん張れたのかと思いました。


今ちょうど後ろにいるので、本人に確認したら

「うん。」だって(*^_^*)


「ペット」ではなくて 「家族」なんだ! と

改めて実感しています!


アン君を守って生きているつもりの15年間でしたが

そうじゃなくて、アン君にたくさん守られて生きてきたんですね(^^)


そして、まっちゃんはアン君のお陰で強くもなれました。

成長できました。


アン君と会えなくなってから、二週間が過ぎましたが


みなさんのお励ましのお陰で

日常生活に支障の無い程度に過ごせています


まだ寂しさ、心もとない思いなどは

募っていくかもしれませんが、それに流されることなく

思いつめることは避けようと思っています。


アン君からおそわった事を無駄にしないように

歩いて行きますね(〃▽〃)




長くなってすみません^^;

最後まで読んで下さって、ありがとうございます






ファイティーーーーーン(ちーーーん!・笑)





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

「棚卸し」に焦点を定めた理由。

DSC_0774.jpg


みなさん、こんばんは~!


今日ね、お昼に仕事から帰ってきたら、


小雨から雪になったんですよぉ


お日様が少し顔を出していたのに、


お天気雨の様だったのに、突然 「雪」が降ってきて、

思わずスマホを手にしてベランダに出て

撮影しました(^^)


分かりにくいかもしれないんですが、雪が舞ってるんですぅ



直ぐに雪は止んで雨に戻りました。



明日はいよいよ、職場の棚卸しで、お天気は

晴れの予報なので、外での作業も

スムーズに出来そうです



闘病に入ると同時に 「就労問題」 も頭の片隅に

常にあって、色んな葛藤があった中、どうしても


「退職する」 という選択は出来ませんでした。


「絶対に退職した後、後悔する。」っていう確信がありました。


フミさん(今日も車を使わずに通勤してくれた夫) と一緒に

職場側と何度も話し合いを重ねていた頃、

契約更新だけを繰り返して、実際には

勤務できずにいた2年6ヶ月の中で、

労働局の方や弁護士さんに相談していました。


そこで言われていた一つの 「解決策」 として


「労働審判」 を起こすことによって

短期間で 「金銭的な解決」 を果たすしか、

まっちゃんの様々な苦しい思いから解放させることは

出来ないだろう、というご提案を頂いていました。


でも、それはいわゆる 「手切れ金」的なものによって

会社と完全に関係を無にする、という意味を成すので、


この手段は、最後の最後にまっちゃんが職場復帰を

諦めた時に、気持ちは引きずったまま恐らくですが、

決行することになったと思います。


それを回避できたのは、 「全国労働組合」 という存在を知って

組合に入ることによってお力をお借りして

「職場との歩み寄り」 が実現しました。




職場復帰を果たしてから今の店長に

変わるまで、棚卸し作業には参加させてもらえず、

「松下さんは来なくて良いよ。」というお返事を

寂しい気持ちで頷くしか ありませんでした。


「棚卸し」 はどの部門の職員も、パートも含めて

「全員参加」 という決まりがあるんですね。


この 「全員参加」 の一員に入れてもらって

初めて、まっちゃんの目指していた

「職場復帰」 だったんです。


今日も明日の作業が少しでも軽減できるようにと、

店長やパート仲間と連携をとりながら

出来る事を済ませてきて、そういう一体感、

というか、連携プレイみたいな感じが

体感できて、とっても嬉しかったんですね



明日から数日間、この連携間を満喫しようと

思っています


この日を迎えられることに心から

みなさんに感謝して、頑張ってきますね



いつも、まっちゃんを支えて下さるみなさん、

本当にありがとうございます!




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

PageTop

良い傾向なのかなぁ?


みなさん、こんばんは~!


今朝は雪じゃなくて雨が降っていて、

歩いて通勤しようかと思ってたら

フミさん(久しぶりの登場の夫w) が車で

送ってくれました


真鶴町は今の所雨が降り続いていますが

みなさんのお住まいは、雪で足元が

滑ったりしていませんか?


気を付けて帰ってきてね(^^)



朝の品出しが終わって仕入れ室に上がると

早朝パートの男性〇さんが9時で仕事が

終わって普段なら 「おつかれー^^」って

バイバイするんだけど、仕入れ室に

いる まっちゃんの所にニコニコってしながら

話しかけてきました。


「来月の歓送迎会のことで、お願いがあるんだけどさぁ^^」


まっちゃんは、何か出し物で頼まれるのかと

思って、モノマネでもしようか、って頭の中で

お返事を用意しながら、笑顔で


「なぁに?(^^)」って 聞きました。


すると、そこに店長も入ってきて、〇さんの話を

一緒に聞く形となりました。


「松下さん、タバコの煙、嫌だよね?

俺、酒が入るとやっぱし吸っちゃうんだけど

なるべく煙が行かないようにするから、ごめんね?

大丈夫かなぁ?」



そう優しく聞いてくれました。



店長も喫煙するので、


「そうそう! あのお店、まだ分煙対応してないんだよねぇ

なるべく吸う人と吸わない人で席を分けるから(^^)」




まっちゃんは、すっごく恐縮して


「ああ! あのお店に決まったんですね(^^)

(夏頃に納涼会を開いたお店)

職場に関しては、分煙を徹底して欲しいと

お願いしましたが、今回の様な件に関しては、

あくまでもお店側の問題で、私がその状況を

受諾して、その場に参加するんですから、

大丈夫です



かえって気を遣わせてしまって、ごめんなさい




と 明るくお返事をしたら店長も〇さんも

安心してくれました^^



こんな風に意識してくれるのは、

初めてで、正直ビックリしました。


そして、客観的には、分煙を意識し始めている傾向として

すごく良い状況に動きつつあるんだと

実感できた出来事でした。




もしも、きちんと分煙対応を済ませている

お店だったら、こんな風に喫煙者も禁煙車も

気を回す必要は無いのになぁ(--) という

やるせない気持ちも芽生えました。


神奈川県は、早期から分煙運動を積極的に

始めたことを知っているので


真鶴町の飲食店に、それが浸透し切れていない

現実が、とっても残念に思います。



難しいのは、 「喫煙権」 が認められているから

喫煙しない立場とその権利を平等に

捉えていないとお互いの配慮に欠ける、とみなされるんですよねー。


喫煙する立場の方から こうして


「吸っていても大丈夫?」 って確認をしに来てくれた

という変化に、とまどいながらも、

感謝しました



こうして少しずつでも、意識を持ってくれることが

始めの一歩ですよね(^^)






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

PageTop

「赤」から「青」へ(#^ー^#)



みなさん、こんばんは~!


今朝は冷たい風が強く吹き荒れていて、

「まっちゃん号」(スクーター) に乗るのが怖かったけど、

慎重にアクセルをコントロールして職場に

向かいました


品出しが終わって汗をかいたので、水分補給しようと

食堂に行くと、正社員のTさんに昨日の出来事を

話すと、


「松下さん! オデコが赤いじゃないですかっ


って教えてくれてね



昨日ペットボトルが当たった所を触ると

少し痛い。


「それ、数日は痛いと思いますよぉ

とても心配そうに言ってくれました。


そしてお水を飲んでから仕入れ室に入ると

昨日オーストラリアのお土産をくれた

パート仲間が、まっちゃんのオデコを触って


「やだっ! 松下さんこれ、腫れてるじゃないですかっ

しかも、青くなってるぅ この後しばらくすると

黄色くなりますよ




「ゲッ! マジでっ!? やだなーもう!

超恥ずかしいじゃん(笑)」




思っていた以上にペットボトル2個の衝撃は

激しかったみたい


昨日の反省もあって、今日は仲間に声をかけて

手を借りたり、代わりに運んでもらったりして

これ以上の怪我をしないように気を付けていました。



闘病を経て、発病前とは違う体になったこと。


これが、時に 「やるせなさ」 「ふがいなさ」 「申し訳なさ」 といった

自分を卑下するような気持ちに追い立てられるんですね。


だから、その位置から少しでも離れたくて、仕事に関しては

特に肩に力を入れてしまっているのかも知れません。


その葛藤がずっと続くと思うんですが、

一日経って冷静に自己分析が出来たから

気持ちの流れを把握できて、今後にそれを

上手にコントロールして行けば良いんだと

思いました(^^)



こういった感情からは悪い方向しか

見出せないから。


「へるぷ みー!」 って明るくお願いできる

まっちゃんを心がけよう


とりあえず、前髪でオデコを隠して過ごそう(笑)





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

PageTop

見極め所。


みなさん、こんばんは~!


昨日の伝票作業が影響しているのか、

手術をした方の右腕全体がダルくて

いつもよりもピアノの鍵盤が重たく感じるまっちゃんです


こういう時は無理をしないで、練習する曲目を

減らして、腕を休ませてあげます(^^)



今日は、体力と労働時間について

記録としても綴らせて頂こうかな^^


昨年の6月19日から職場に復帰して、

週に3日2時間という所から、徐々に時間を

増やして、今年の10月からの契約更新の際、

週に4日4時間勤務 (一ヶ月に48時間勤務という契約です。)

まで増やして頂けて、職場復帰するにあたって

ずっと目標にしていた 「週に5日勤務」 まで

あと少しという段階まで来ました。



10月から2ヶ月間この環境でお仕事をしてきて

感じていることは、


「この労働時間が今の体力的には限界だな。」


と痛感しています。



先日、湯河原町の掛かり付けの内科クリニックで

秦野の病院での血液検査の結果を

意気揚々と報告したら、

先生から意外な診断を下されて、とってもショックだったことを

お話させて頂きました。


ご心配をおかけしましたが、気持ち的には

落ち着いてきて、ポジティブに考えられるように

なっています


その結果と関連しているんですが、


先生のお言葉をそのまま記しますね。


「今の松下さんの腎臓は、数値的に言うと、

半分しか機能していないんだよね。

これが、一過性のものなのか、或いは

抗がん剤治療が影響を及ぼしているのか

乳腺外科の主治医の先生もきっとチェックしている

だろうから、来年の3月の検査まで食事に

気をつけて、様子を見ようね。」




この血液検査を受けた頃、ちょうど労働時間が

延びて、土曜日ポイント3倍デーにも

嬉しくて笑顔で働いてはいたんですが、

体が悲鳴を上げていたんだと思うんですね。


それまで腎臓の数値は正常だったのに

突然 悪化するのは、疲労がそこに集中したのだと

思ったんです。


それと同時期に偶然なんですがイベントが重なったというのも

関係していると思いますが、主なる原因は

労働時間だと、認めざるを得ない状況です。



ここで我を張って、 「いや! 出来る!もっと働ける!」 って

思っても、まっちゃんにとって、全てがきっと、

マイナスに動くと、これまでの体験で痛感しているので、


ここは体の声を良く聞いて、素直になって


「自分の限界をきちんと受け止めることも

すごく大切だな。」
 って思います。


そして、労働時間が長ければ良い訳じゃなくて、

「どんな風に職場、社会に貢献していくか。」 が重要なことだと

今の職場の仲間が教えてくれています。



「松下さんがお休みの日、『ここに松下さんがいてくれたらなぁ!』

って思うんですよ(^^) 助かってるんですからね!」



こういった温かい気持ちをもらえるだけで

本当に充分だ!って思えたんです。


来年に入ったら、また体力も戻ったり、

労働時間に身体が馴染んでくるかもしれません。


そうしたら またその時に体の声を

素直に受け止めて判断しようと思っています^^



少しでも、笑顔で働ける居間の環境が

維持できるように、自分の体も大切に

維持しようと思います



ちょっと悲しいけれど、、まっちゃんの出来る範囲で

責任の持てる範囲で、笑顔で進んでいこう!


心から素直にそう思えました





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

PageTop